ドクター

顔のたるみを改善しよう|施術方法の特徴を徹底解説

短時間で効果が出る

婦人

複数の方法がある

顔のたるみは年齢を増すごとに増えていきますが、美容外科で施術をしてもらうことによって改善することができます。そして、いろいろな方法がありますが、短時間で効果がある方法もあります。もちろん、希望通りの顔にすることが第一のため、自分に合った施術方法を選ぶことが大切です。実際にたるみを手軽に解消する方法としては、糸を使って吊り上げる方法や高周波を使う方法があります。その中で、糸を使ってたるみを改善する方法では、即効性があり施術をしてもらったらすぐに雰囲気を変えることができます。自然な仕上がりになるように複数の糸を使って調整されます。ちなみに、料金としては1本4万円ほどが相場になっています。もちろん、本数が増すごとに料金は上がっていきますが、仕上がりがきれいになります。カウンセリングによって顔全体のバランスを見て糸の本数や効果がある場所を選んでいきます。しかも、洗顔などはその日から行えるため、日常生活に支障が少ないメリットがあります。美容外科によって技術力が異なるため、ホームページで実際に受けた人の写真を見ることや、評判も確認をしておく必要があります。次に、高周波を使う方法が人気があります。糸を使う方法と違い高周波によって真皮組織を刺激してコラーゲンを増やす方法になります。徐々に効果を発揮するため、即効性はないもの実感があります。特に、たるみを改善できるだけでなく肌の質もよくすることができ、ハリのある若々しい肌にできます。頬や目の下などに照射することによって、部分的に引き締めることができます。料金としては、一回の照射で6万円から9万円ほどになっています。高周波の種類によって異なりますが、真皮層を超えて皮下脂肪層まで届くためより効果的に引き締めることが可能です。ちなみに、持続期間も半年から一年ほどとなっていて、継続して行うことでキープすることができます。ダウンタイムもないため、その日からメイクをすることができます。高周波装置は美容外科によって導入しているものが異なるため、最新の機器が導入されているかもポイントになります。